朝勃ちしない

”朝勃ちチェックを習慣づけよう

パンツの中をチェックする画像

勃起障害の前兆はさまざまありますが、一番簡単な確認方法は朝勃ちのチェックです。若い頃はパンパンになったちんこの痛みで目が覚めることもたびたびでした。それがいつの間にかなくなっている。実は朝勃ちがないことに怖い病気が隠れている可能性があります。明日からチェックしてみましょう。

朝勃ちはなぜおきるのか?

そもそも朝勃ちはなぜおきるのでしょうか?もっとも有力な説はレム睡眠時に勃起を繰り返すという説です。

ノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)の繰り返しで、自律神経も変化します。自律神経は交感神経と副交感神経がありますが、勃起は副交感神経が優位なときにおこるとされています。

レム睡眠時には副交感神経が優位になって勃起がおきるのです。朝、目覚めるとき浅い睡眠から目覚めたときはちょうど勃起がおきている状態というわけです。

そしてその役割ですが実ははっきりとは解明されていないのです。ただ勃起することでチンコに血液が流れ込み、酸素と栄養を送っているとも言われます。

朝勃ちが起きない原因

それではその朝勃ちが起きない原因はどういうことがかんがえられるのでしょうか?さまざまな要因がありますが、最初に疑われることは男性ホルモンの減少です。

男性ホルモンが男の生涯のなかで一番高くなるのは20歳前後です。この時期には睡眠時間の半分は勃起している状態です。その後、加齢とともに男性ホルモンが減るとともに勃起状態も短くなっていきます。それでも健康であれば60歳代でも睡眠時間の2割くらいは勃起しているのが正常な状態です。

次に疑われるのは血管の障害です。ちんこの血管は身体のどこの部分よりも細く詰まりやすいと言われています。動脈硬化や高脂血症によって血管が詰まれば物理的に不可能になるというわけです。

そしてこの症状がひどくなると、次は心筋梗塞や脳梗塞につながる可能性があります。

睡眠中の勃起チェック

朝、起きた時に勃起していなくても睡眠中に勃起していることも考えられます。そのチェック方法として性機能の専門病院には「リジスキャン」という機械がおいてあります。

これは就寝中に「ちんこ」にまきつけておくと「ちんこ」の太さがコンピューターに記録されて、起床後に診断で勃起障害を調べることができます。

病院に行くのがはばかれるというのであれば、自宅でも簡単に調べる方法があります。「スタンプ法」というものでミシン目が切れてない状態の切手を「ちんこ」に巻きつけて朝起きた時に切れていれば勃起したということです。

注意点は何日間か続けることです。高齢の人は加齢で勃起回数自体は減っています。1週間に1回でも勃起があれば良いといわれます。

対策

・男性ホルモンが減少している場合・・・男性ホルモンのうちテストステロンは性欲の源です。このテストステロンが減少すると当然、性欲もなくなる。

なんかムラムラしない、エッチするのが面倒と言う人はこのテストステロン減少が疑われます。最近は若くてもこのテストステロン値が低い男子もいるとか。このテストステロンは有酸素運動や筋トレで増やすことができます。男性ホルモンが濃くなると『毛深くなる!」とか言ってないで健康のためにも増やしましょう!

・血管障害の場合・・・生活全般の見直しが必要です。喫煙、アルコール、脂っこい食事、運動不足など血管を詰まらせる要因はたくさんあります。ここで一度、生活を見直しましょう。勃起回復が結果として健康も取り戻せます!!

↓↓シトルリン配合サプリなら↓↓